メンズ

おすすめの育毛剤に注目【効果が高い話題のアイテム】

毛が減る原因

女の人

加齢が大きな原因です

男性の3人に1人が悩んでいるといわれる薄毛ですが、実は最近女性にも増えています。男性の薄毛は男性ホルモンの増加が大きく影響していますが、女性には女性特有の原因があります。正しい原因と対処法を知っておくとよいでしょう。女性の薄毛に多い原因の1つは、加齢です。髪の密度は20歳、太さは35歳がピークと言われており、その後は髪が弱くなっていきます。また、女性ホルモンも40代になると減少するため、髪のハリやコシも減っていきます。加齢は止められませんが、生活習慣や食事を見直すことで、髪を強くすることはできます。睡眠不足や偏った食生活は、ホルモンバランスを乱すのでやめましょう。海藻類や亜鉛などで、良質なミネラルやビタミンを取るよう心掛けるとよいです。

ストレスも悪影響です

2つ目はストレスです。ストレスがたまると血流が滞り、髪に栄養が行き届かなくなります。特に女性は元々血行が悪くなりやすいので、注意が必要です。適度な運動は、ストレス解消になるだけでなく、全身の血流もよくなるのでおすすめです。3つ目は間違ったヘアケアです。不潔にしておくのはもちろんよくありませんが、シャンプーのし過ぎも頭皮を痛めます。またパーマやカラーリングはやりすぎると髪を傷めるので注意しましょう。ポニーテールやお団子などのヘアアレンジで、髪を引っ張るのも負担がかかります。常に同じ結び方にせず、分け目を変えたりダウンスタイルにしたりしてみましょう。最後に、出産後の女性は薄毛になりやすいです。これはホルモンバランスの一時的な乱れによるものですので、しばらくすると元に戻ります。薄毛は気にしすぎるとかえってストレスになります。原因が何かをつきとめて、焦らず適切な対処をしましょう。